100万ドルの夜景

だけど俺は忘れない 北の山からの夜景を

風を切るライダーたち ピースサインを今日もおくる

散りばめた星たちと 街の灯りの下で


たしかにお前と たしかにあの時

たしかに俺は たしかに出会った


すべてがまぶしく見えた あの夜の光景がよみがえる

永遠に続けとばかり 俺の鼓動がなりつづける

Forever



だけど俺は信じたい 赤い糸の運命だと

不器用な男だったから 真っすぐすぎたのかも

だんだんと黄昏てく 100万ドルの夜景で


たしかにあれから たしかにお前を

たしかに何度も たしかに思いだした


おうぎ形した街の灯りが 俺たちを見守ってくれた

永遠に続けとばかり 俺の鼓動がなりつづける


すべてがまぶしく見えた あの夜の光景がよみがえる

永遠に続けとばかり 俺の鼓動がなりつづける

Forever Forever